×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コンビニアルバイトの探し方

コンビ二でアルバイトをしてみようと思ったらまずどのようにして仕事をさがしたらよいのでしょうか。手っ取り早いのは、自分が働いてみたいと思う場所に点在するコンビニに行ってみることです。コンビニの入り口にはアルバイト募集の張り紙がしてあることがよくあるのです。

コンビニの仕事は厳しくてアルバイトの出入りが多いから張り紙がしてあるのではと心配になる人もいるかもしれません。でも決してそのようなことはないのです。24時間365日営業しているコンビニではある程度余裕をもって多めの人数でスタッフを揃えておかなければ、急な休みなどのシフトに対応できないのです。だからアルバイトの募集もたくさんあるというわけです。

他にはアルバイト情報誌やインターネットの求人の「コンビニ専門」サイトなどで探すこともできます。様々な地域に点在するのがコンビニです。自分の学校や家などの近くで働きやすい場所をみつけられるとよいかもしれせん。

実際に働いてみたいお店が見つかったらまず電話をします。元気な声でハキハキと話しましょう。次は面接ですが、必ず履歴書を持参しましょう。履歴書を書くときは丁寧に記入漏れにも注意しましょう。写真は髪型・化粧は派手すぎないように、清潔感のある服装で撮りましょう。ピアスもはずしておいたほうがいいでしょう。

面接に実際に行くときは時間厳守が鉄則です。5分前には到着していましょう。そして面接のときにこのお店せ働きたいと思った理由をきちんとオーナーさんに話せるようにしておくことも大事です。また自分の希望などがあればきちんと伝えておきましょう。自分で実際にお店に行ってみて様子をみておいてから、働きたいお店を決めるのもよいのではないでしょうか。

関連サイト


コンビニアルバイトのメリットデメリット

コンビニエンスストアでアルバイトをすると、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。まず、コンビニで働くメリットです。初心者でもコンビニには業務のマニュアル化がされている仕事なので安心して働くことができます。

またコンビニは私たちの生活にとって非常に身近な存在であるため、働くことに抵抗を感じないかもしれません。コンビニでの接客では自分自身のいい社会勉強になるのかもしれません。様々な年齢層のお客さんに接することが多いのです。

コンビニの勤務はシフト制の店舗が多いので仕事の日程を自分の都合に合わせて働くことができます。比較的短時間から募集しているので、パート程度で働きたい主婦にもぴったりの職場といえるでしょう。

反対に少し大変なこともあります。まず仕事内容が多岐にわたるので、覚えることがたくさんあることです。コンビニの店員は、店の掃除から商品の陳列、検品や発注までさまざまなことをしなければいけません。レジだけをやっていれば良いという訳ではないのです。

仕事量の割りには時給があまり高くないのがネックになることも・・・。コンビニの仕事が好きでなければ続かないかもしれません。一番向いているのが、テキパキと仕事の出来る人。人と接するのが好きな人。そして、コンビニの業界に興味のある人には面白いアルバイトだと思います。興味があれば、一度好きなコンビニでアルバイトするのもいいでしょう。


Copyright © 2008 コンビニアルバイト All rights reserved.
- ホームページSOS -